頭皮かさぶたの原因を把握して適切なケアが必用

 

頭皮のかさぶた一向に治らなくて悩まされている人は多いです。治したいのであればまずは原因をしっかりと把握して、適切な頭皮ケアを行う必要があります。

 

大抵の頭皮のかさぶたの原因は脂漏性皮膚炎です。

 

もともと頭皮にはマラセチア菌と呼ばれる最近が住みついているのですが、このマラセチア菌が大量に繁殖をしてしまうことにより、
炎症を起こしかさぶたが出来上がるのです。

 

人によっては赤く腫れるだけではなく、フケやかゆみがでてくることもあり、油断することのできない頭皮トラブルです。すぐに起こることではないですが、抜け毛の原因ともり、はげたくないのであれば早急な対処を行う必要があります。

 

大まかな原因を紹介いたしましたが、では、どんなことが原因となってマラセチア菌が大量に繁殖しているかを詳しく紹介していきます。

 

頭皮かさぶたの詳細な原因

 

根本的な原因としては皮脂の過剰分泌とバリア機能の低下が上げられます。マラセチア菌は皮脂を食べているので、頭に皮膚の油が残ったままだと数がどんどん増えていきます。

 

皮脂が頭に残ったままとなる原因の多くは乾燥と洗髪を正しく行えていないことです。

 

皮膚にはバリア機能と呼ばれる保湿剤の膜があるのですが、「細菌の影響を防ぐ、汚れや刺激から守る、水分の蒸発を防ぐ」3つの働きを行っています

 

乾燥をすることでバリア機能が低下してしまうので、沢山の細菌が繁殖を行い炎症を起こす原因となるのですね。

 

また、正しい洗髪を行えていない人は非常に多いです。多くの人が間違っているのが洗浄力の強いシャンプーによる洗いすぎです。洗浄力が強いものだと保湿剤も一緒におとしてしまうのと皮脂の分泌量の増加につながります。

 

肌のつくりで皮脂を完全に洗い流してしまうと過剰に分泌をする働きがあるので、洗髪時は皮脂が落ちたので良くても分泌量の増加から逆に悪影響となっているのですね。

 

頭皮のかさぶたを治すのであれば正しい頭皮ケアを行うのが近道となります。

 

頭皮に悪影響を及ぼす要因

 

頭皮に悪影響を及ぼす要因は多いです。しかし、改善が簡単なものと難しいものがあるので、自分ができるものから改善を行う必要があります。

 

主な生活環境による要因は下記の5つとなります。

 

  • 食生活での栄養の偏り
  • 睡眠時間
  • ストレス
  • ドライヤーが近い
  • 髪は洗うものの頭皮を洗っていない

 

油の多い食事や偏った栄養素の食事によりからだの機能が正常に働かなくなる原因となります。そして、睡眠時間やストレスにより同様のことが起きます。

 

ただ、すぐに改善しようと思っても簡単にできるようなことではないので、少しづつ対策を行う必要があります。

 

頭皮ケアを正しく行えていない人が多い

 

正しい頭皮ケアを行えていない人は多いです。高いシャンプーに変えれば改善されるなんて勘違いしていませんか!?

 

主に間違っているのが下記の3つです。

 

  • シャンプーの洗浄力が強すぎる
  • 頭皮に化粧水によるケアを行っていない
  • 薬用シャンプーならと効き目があると安易に高級シャンプーを使う

 

洗浄力の強い成分は安価というのもあり、大抵の市販シャンプーは洗浄力が強めとなっています。もともと皮脂の分泌量が非常に多い人であれば問題ないのですが、普通なのに洗浄力が強いもので洗うことで皮脂を過剰に分泌させてしまっている人は多いです。

 

また、頭皮に化粧水によるケアを行わない人は多いです。ケアを行わないと保湿剤の補給をすることはできないので乾燥をしてしまいます。結果、細菌が大量に繁殖をしてしまうのですね。

 

ネットで軽く調べた知識の人で薬用シャンプーを利用するも全く改善されなかったなんて人は多いです。シャンプーは高いものを使ったとしても化粧水によるケアを行っていなければ保湿を上手く行うことができていないのですね。

 

保湿成分の入った高いシャンプーを使う人もいますが、化粧水に比べれば保湿力は弱くなってしまいます。

 

シャンプーだと洗い流してしまうので保湿成分や美容成分もあまり頭皮に浸透をしません。化粧水を頭につけた状態でじっくりと時間をかけて浸透をさせる必要があります。

 

頭皮のかさぶたを治すのであれば、頭皮専用化粧水によるケア、シャンプーの見直し、生活習慣の改善の順番に行うといいです。

 

特に生活習慣の改善に関してはすぐにできるようなことではないので、時間をかけて行う必要があります。
>>>頭皮かさぶたを治すなら正しいケアが必要