頭皮からフケが落ちてくるのなら乾燥が原因

 

頭皮トラブルで代表的なものといえばフケやかゆみです。そして、他にも頭皮ニキビやかさぶたといった症状があげられます。

 

実はこの頭皮トラブルの根本的な原因の多くは乾燥が原因となっていることをご存知でしょうか?

 

頭はからだの中でも特に日光の光を浴びやすい部分に当たります。そのため、紫外線によるダメージを受けてしまったいます。

 

しかし、頭に日焼け止めクリームを塗る訳にもいかないので、対処できていない人が非常に多いです。

 

紫外線によりダメージを受けることにより頭皮がもともと持っている肌をキレイにする働きを正常に行えなくなってしまいます。それが原因となり地肌が乾燥をし、フケやニキビ、かさぶたができる原因となってしまうのですね。

 

そのため、頭皮のフケを治したいと思うのであればまず行わなければいけないのは保湿をすることです。どんなシャンプーを使っていようと乾燥対策を行えていなければ頭皮トラブルを改善するのは難しいです。

 

また、症状が悪化することによって抜け毛の原因にもなってしまうので早急に改善を行った方が良いです。

 

フケは特に乾燥が原因となっている

 

頭皮トラブルの中でも乾燥が原因となりおこりやすいのがフケです。

 

頭を振るとパラパラと落ちてくるフケですが、これは頭の古くなった皮膚となります。肌が本来持っている働きによって常に新しい皮膚が作られ古い皮膚を角質として外に排出を行っています。

 

主にシャンプーをしたに垢や角質として剥がれ落ちてくれているのですね。

 

しかし、頭皮ケアがしっかりとできおらず乾燥をすることにより、頭皮から剥がれずに残ってしまうことになります。この古い皮膚がフケとなって頭を振った際にぱらぱらと落ちてしまっているのです。

 

フケが起きているのであれば頭皮の乾燥が進んでいると考えられるのですね。

 

頭皮のフケを止める保湿対策

 

頭皮のフケを止めるために必用となるのが保湿をすることです。

 

方法としては顔のスキンケアと変わりはありません。頭皮用に作られた化粧水を洗髪後につけて、保湿対策を行うことが効果的な方法となります。頭皮の化粧水には保湿成分が配合されているので、地肌に浸透させていくのですね。

 

ただ、ここで多くの人が間違ってしまうのがシャンプーで保湿できると勘違いをしてしまうことです。シャンプーの中には保湿成分を配合していることを売りにしているものもありますが、成分が配合されていたとしても肌にはほとんど浸透をすることはありません。

 

シャワーで洗い流してしまった際に美容成分のほとんどが泡と一緒に流されてしまうのですね。

 

シャンプーを長時間流さずに頭につけていると皮膚があれてしまうことからも分かるようにあくまでシャンプーは汚れを洗い落とす為のものとなります。いくら頭の肌に良い成分が配合されていようとも短時間で必用な成分が浸透することなんてないので注意をしましょう。

 

短時間で成分が浸透するのであれば、肌荒れの原因となっているような成分が浸透をしていくってことになるので、シャンプーを使う人はいなくなるはずです。

 

頭皮の乾燥やかさぶた、フケといった頭皮トラブルにお悩みの方は下記の記事で詳しく解説しています。
>>>頭皮かさぶたを治すなら正しいケアが必要